クリアネイルショットアルファを効率よく使える季節

クリアネイルショットアルファの効率が上がる季節

季節

 

クリアネイルショットアルファは特に季節を問わず1年中使えます。

 

足のトラブルが増える梅雨頃から夏の終わり頃までが最も需要が高いようですが、本当に効率がいいのは夏ではありません。

 

 

もちろん夏に塗るのもおすすめです。


 

もし爪の悩みを長い間抱えているようでしたら、秋から冬、特に冬にしっかり使い続けるのがおすすめです。

 

では、なぜこの時期がおすすめなのかを解説していきます。

 


クリアネイルショットアルファは寒い季節に強い?

冬と足の画像

 

秋から冬と言えば、寒い季節です。
気温が下がり汗もかきにくい。
環境自体が爪のケアに適しています。

 

足の爪に悩みのタネが出る原因の多くは高温多湿です。

 

温かく湿った状態の足は、皮膚や爪の防御機能が弱くなりがちです。
あわせて雑菌が繁殖しやすいので、足の環境としては最悪の状態。

 

この状態になるのが梅雨から夏です。
だから足の指や爪に悩みを抱える人もこの時期に多くなります。

 

もちろんこんな季節だからこそ念入りにケアすることは重要です。
ですが環境があまりにも悪いため、クリアネイルショットアルファの効果を十分に発揮しにくくなります。

 

冬は足の環境が良くなる

 

夏に比べて冬は足の環境が良くなります。

 

気温が下がり乾燥するので、弱くなっていた防御機能が戻り、雑菌の活動が弱まります。

 

このように環境が良くなっている時にクリアネイルショットアルファを使うと、さらに浸透しやすくなり、効果を発揮しやすくなります。

 

加えて、クリアネイルショットアルファは保湿成分が入っているので、爪の乾燥対策にも使えます。

 

 

爪は乾燥することでも防御機能が落ちるので、にごり爪対策とあわせて使うことができますね。


 

ここまでを簡単にまとめると、
冬は邪魔ものが減ってクリアネイルショットアルファが活躍しやすい季節
ということです。

 

私のにごり爪も、秋になってから改善スピードが上がったんですよ。

 

 

夏の間からしっかり塗っていたからというのもありますけど・・・



冬も油断できない!?

冬とこたつ

 

クリアネイルショットアルファは悩みが出やすい夏に多く使われる、でも冬の方がより効果が上がるということはイメージできましたでしょうか?

 

冬に丁寧にケアしておくことが、夏に爪のおしゃれができる準備になります。

 

ただ、気をつけないといけないのは、環境が良くなる冬でも、自ら環境を悪くしてしまうケースもあることです。

 

過度な保温

例えば、必要以上に足を保温してしまうこと。
靴下の重ね履きや極厚のタイツを常に履いている状態だと、高温多湿になりがちです。

 

気づかないうちに汗をかき、冬でも足が蒸れていることはよくあります。
外出する時と、暖房が効いている室内にいる時とで保温の仕方を変える必要があります。

 

寝る時に足を締め付けすぎる

足先が冷えて眠れない人だと、靴下やタイツを履いて寝ることもあると思います。
寝ている時にも汗はかいているので、これもにごり爪対策には良くありません。

 

それと、締め付けが強いものを履いてしまうと血行不良になり、爪に栄養が届きにくくなります。すると健康的な爪が生えにくい、雑菌に弱い爪になる、などの悪影響が出ることにも注意しておきましょう。

 

こたつで悪化?

最近は減りましたが、冬の代名詞といえば「こたつ」。こたつの中にずっと足を入れていても、やっぱり温度が上がり過ぎてしまいます。

 

指の間がニュルッとするのは汗をかいているから。
夏に似た状況になっているんですね。
これでは良くなるものも良くなりません。

 

 

このように冬だからといって、足がいつでも低温で乾燥しているというわけではありません。
悪気はなくても、自ら夏のような環境を作り出していることは多々あります。

 

足の爪のケアは
「爪自体は保湿が必要」
でも
「周りの環境は乾燥させる」
となかなか難しいものです。

 

保湿や爪が生える環境を整えるのは、クリアネイルショットアルファが得意な分野です。
今年の冬はこのような注意点も意識されてはいかがでしょうか。

 

最後の方は冬こそ要注意みたいな内容になってしまいましたが、環境的には冬の方がクリアネイルショットアルファの効果を感じやすいのには変わりありません。

 

次の夏に向けて、今からにごり爪ケアを始めましょう!


 このエントリーをはてなブックマークに追加 
page top