クリアネイルショットの「塗り方」を図解!かかる時間と手間はどれくらい?

購入前にクリアネイルショットの塗り方を知っておこう

クリアネイルショットの塗り方

 

今回はクリアネイルショットの塗り方を画像つきで紹介します。

 

まだクリアネイルショットを使ったことがない方だと、1日に塗る回数や時間、塗り方のポイントは分かりませんよね。

 

 

面倒なの?


 

ポイントだけ覚えてしまえば面倒なことはありません。

 

ただ、推奨されている塗り方を続けないと効果を期待することができません。

 

 

 

私にも続けられるかしら?


 

そう、大事なのは続けることです。

 

基本的には爪に塗るだけなので簡単です。

 

ただ効果をちゃんと発揮させるには、推奨されている塗り方を守った方がいいです。
このページではしっかり塗る為に必要な時間やポイントを解説します。

 

今回の内容は、クリアネイルショットの購入前に、ご自身で続けられるかどうかの判断にご活用ください。

 

続けられそうになければクリアネイルショットの購入はやめておいた方がいいと思います。

 

それではクリアネイルショットの塗り方を見てみましょう。

 

 


クリアネイルショットの塗り方

では、1日に塗る回数、1回で使う時間の目安、塗る場所(塗り方)の順で解説します。

 

クリアネイルショットの1日に塗る回数とタイミング

解説

1日に塗る回数とタイミングは?

 

クリアネイルショットは基本的に1日1回塗るだけです。

 

おそらく1日に2回塗っても大丈夫だと思いますが、私は1日1回だけで実感できました。

 

特にベストなタイミングはお風呂上りです。

 

その理由は3つあります。

  1. 足の爪が綺麗になっている
  2. 足の爪が柔らかくなっている
  3. いつも決まったタイミングで塗る習慣がつく

 

お風呂の後にクリアネイルショットを塗るといい理由は、爪が汚れたままだと、クリアネイルショットが浸透しにくくなります。

 

例えば、排水口に髪の毛が絡まっていると、髪の毛が邪魔して水が流れにくくなりますよね。

 

同じように爪に汚れやゴミがついたままだと、その部分だけクリアネイルショットが通り抜けできなくなってしまうのです。

 

だからお風呂上りに塗るのを習慣化しましょう。

 

あと隠れポイントがあって、

 

爪についた水分はよく拭き取ってから塗る

 

ようにしています。

 

爪1本にかかる時間と手間は?

解説

足爪1本塗るのにかかる時間は?

 

塗り方はこの次に紹介しますが、私の場合は1つの足爪で10秒くらいです。

 

ジェルを塗るのに10秒って意外と長いのですが、丁寧に塗りこんでいるのでそれくらいの時間をかけています。

 

時間をかけていると言っても、全部の足爪に塗るとしても2分あれば塗り終えることができる程度ですけどね。

 

その後、爪が乾くまでに10分〜15分ほど。

 

 

乾かす時間が必要なのね


 

せっかく塗ったクリアネイルショットが他のものについてしまうのが嫌なので、10分ほど乾かしています。

 

その時間に歯磨きをしたり、テレビを見たりしているので特に気になることはありません。

 

手間なのは、クリアネイルショットを塗った後は手を洗わなければいけないことくらいですね。

 

「お風呂で洗ったばかりなんだけどな〜」と思いながら指を洗っています。

 

ココがポイント!

塗る場所と塗り方

 

クリアネイルショットの塗り方でポイントになるのが塗る場所です。

 

気になる箇所にだけ塗るのではなく、その爪全体と爪と皮膚の間に塗り込むのがポイントです。

 

塗り方@爪の表面全体

クリアネイルショットの塗り方1全体

 

気になっている爪の表面全体に塗ります。
これは普通ですね。

 

 

塗り方A爪と皮膚の境い目

クリアネイルショットの塗り方2境い目

 

爪と皮膚の境い目もよく塗っておきます。
成分を浸透させるのと爪を保護するためです。

 

 

次がやっていない人が多そうな場所。

 

塗り方B爪と皮膚の間

クリアネイルショットの塗り方3爪と皮膚の間

 

爪と皮膚の間です。

 

「毎日ちゃんと塗っていたのに変化が出ない」このように口コミされている人の中には、塗っていた場所が足爪の表面だけという人も多いと思います。

 

ここまでの一連の流れはこんな感じです。

クリアネイルショットの塗り方流れ

実際は10秒くらいかけて丁寧に塗っています。

 

3つ目の「爪と皮膚の間」は塗り忘れている人が多いと思います。

 

もちろん毎日塗らずに気まぐれで塗っているだけでは効果は実感できません。

 

爪は適度に削っておく

 

爪は菌が繁殖しやすいので、適度にカットするかヤスリで削っておきましょう。

 

その際、深爪をすると巻き爪の原因となり、悩みが増えてしまうので深爪にならない程度にカットしておきます。

 

もし爪に厚みが出ているようなら、市販の爪ヤスリで厚みのある分だけ削っておくと、よりクリアネイルショットが浸透しやすくなります。

 

理解

 

なるほど!

 

私はこれに半年気づかなかったのですが、余計な部分を削っておく方が断然綺麗な爪になります。

 

ヤスリは他の人と共有しないよう、ご自分のものだけをご用意ください。

 

クリアネイルショットの塗り方まとめ

ここまで読まれていかがでしたか?
続けられそうですか?

 

文章で書くと大変そうですが、実際の作業は爪1本で10秒ほどです。
子供でもできるのでご安心ください。

 

最後にポイントをまとめます。

 

  • 1日1回だけでOK。毎日塗る
  • お風呂上りに水分を拭き取ってから塗る
  • 爪の表面、境い目、皮膚と爪の間に塗り込む
  • 爪1本で10秒程度の時間がかかる
  • 爪は長くないようにカット、厚みが出ている場合は削っておく

 

これくらいです。

 

本当に簡単な単純作業なので、誰でもできます。
ただ塗る場所はきちんと覚えておきましょう。

 

クリアネイルショットは商品と一緒に薄い冊子が届きます。

 

クリアネイルショット読本

 

クリアネイルショット読本と言って、ここにも塗り方が載っています。

 

私の感想だと、毎日塗る習慣をつけるのが1番大変だった気がします。
何度も塗り忘れましたけど、何とかなりました(笑)

 

>>クリアネイルショットの公式サイトはこちら

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
page top