クリアネイルショットはマツキヨにはありません!販売店はこちら

クリアネイルショットはマツキヨにありませんでした

クリアネイルショット

 

クリアネイルショットはマツキヨ(マツモトキヨシ)では取り扱っておりません。

 

マツモトキヨシオンラインストアでも検索してみましたが、やはり扱っていませんでした。

 

>>マツモトキヨシオンラインストアで検索

 

 

現在クリアネイルショットを購入できるのは通販だけのようです。

 

販売している通販サイトを細かく調査したところ、最もメリットが多いのは公式サイトでした。

 

価格が安くて返金保証つきの通販は公式サイトだけです。

 

 

 


クリアネイルショット公式サイトのメリット

先にクリアネイルショットを購入する際、メリットが多いのは公式サイトとお話しました。

 

そのメリットとは

  • 価格
  • 返金保証
  • 定期コース

の3つです。

 

この3つを全て満たしている通販サイトは他にはありません。

 

メリット@「価格」

 

通販サイト別の価格については下記ページで詳しく解説しています。

 

>>クリアネイルショットを薬局以外で買う方法と失敗しない注文方法

 

上記ページでは通販サイトごとに価格比較をしていますが、読むのが面倒な方向けに、ここでも簡単に触れておきます。

 

公式サイトには定期コースが3種類用意されています。

 

「年間コース」

定期コースの中でも「年間コース」が最もお得なのですが、敢えておすすめしていません。理由は自分のタイミングで解約できないからです。さらに返金保証が利用できないのもマイナスポイントです。

 

「基本コース」

「基本コース」は年間コースの次に価格が安いですが、これも3本セットを3回購入しないと解約できないので、リピーター向けかなと思います。初めてクリアネイルショットを購入する方にはおすすめしません。基本コースも返金保証は利用できません。

 

「お試し定期コース」

公式サイトの定期コースで最もお値打ち感の少ないのが「お試し定期コース(10%OFF)」です。

 

しかし、いつでも解約でき(1回だけの購入でもOK!)、返金保証を利用できます。
たったの10%OFFですが、それでも楽天やアマゾン、ヤフーショッピングよりお得に購入できます。

 

1つだけ例外があって、12個を1度にまとめて購入したい方は楽天の方が実質的には安くなります。

ポイント還元と送料で実質的に安くなります。

 

普通に1か月で1〜2個ずつ注文したい方は、公式サイトの『お試し定期コース』を利用すれば間違いありません

 

メリットA「返金保証」

 

実はクリアネイルショットの正規販売元である「北の快適工房」は楽天にも店を出しています。

 

ただし、楽天で購入した場合は返金保証は利用できません。これは公式サイトだけの特典になっています。

 

アマゾンは全くの別業者が販売しているので返金保証は当然ついていません。

 

ここで注意点が1つあります。

 

先に書いていますが、公式サイトで購入しても「基本コース」「年間コース」は返金保証が利用できません。

 

返金保証も使える状態で使ってみたいなら「お試し定期コース」を選びましょう。

 

メリットB「定期コース」

 

公式サイトで定期コースを使えば毎月自動で指定した個数が届きます。

 

濁った足爪のケアにかかる時間は長く、短くても半年、一般的には1年ほど続ける人が多いです。私も1年使い続けました。

 

病院に通院したとしても同じで、濁った爪が生え変わるまでの間はケアの継続が必要です。それが短くて半年なのです。

 

途中でやめてしまったら元通りなので、毎月自動で届く定期コースが買い忘れを防げる意味でもおすすめです。

 

また、夏の前後は在庫が少なくなることがあり、発送まで1か月待ちになることもあります。都度購入だと欠品で買えなくなりますが、定期コースにしておけばあなたの分は確保されています。

 

これらのメリットが想像以上に影響があるので、クリアネイルショットは公式サイトがおすすめなのです。

 

 

クリアネイルショットはマツキヨに置いてもらえない?

ここからは余談ですが、ネット上ではマツキヨのような大手の薬店やドラッグストアで扱ってもらえないから通販にしているという悪評を見かけます。

 

クリアネイルショットは商品の特性上、季節的な変動(夏によく売れて冬は減る)はあると思いますが、49秒に1個売れているネイルケア用品です。

 

このような商品をマツキヨのような流行に敏感な小売店が扱わないなんてことあるでしょうか?

 

ハッキリ言ってありません。

 

ではなぜマツキヨで扱っていないかというと、もともと通販専用の商品にしているからです。

 

マツキヨにクリアネイルショットを卸すとなると、700店舗以上に届けないといけません。1店舗3個だとしても2100個を1度に在庫しないといけないわけです。

 

さらにマツキヨに卸すならと他の薬店も名乗りを上げるでしょう。

 

そうなると生産工場の機械を量産できるものに買い替えなければなりません。すごい設備投資が必要になりますよね。

 

だから最近は最初から通販専用商品として発売するものが多くなっています。それでも店頭で販売するより多く売れる商品はいくらでも出てきています。

 

ネット通販が一般的になった現代でよく見られる状況です。

 

確かに大昔は薬店で置いてもらえないような商品なんて・・・という時代もありました。
でも現代は店販か通販のみか両方かを販売者が選択できる時代になったということですね。

 

以上余談でした。

 

 

>>クリアネイルショットの悪評について解説

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
page top