クリアネイルショットが悪徳と言われる3つの理由。原因を体験談で解説!

クリアネイルショットが悪徳と言われる理由

クリアネイルショット

 

クリアネイルショットをグーグルやヤフーで検索すると、たまに「悪徳」という評価を見ることがあります。

 

きっとあなたもこの評価を見て気になったのだと思います。

 

そもそもなぜこのような悪評が出てきたのかを調べてみると、3つの理由が出てきました。

 

<悪徳と言われる3つの理由>

解約のトラブル

効果への不満

販売方法の誤解

 

実際にクリアネイルショットは悪徳商法で販売されている商品なのでしょうか。

 

実際に1年使った私の意見

 

 

悪徳に感じたことは1つもありません。
でも、注意しないといけないことはあります。


 

というわけで、このページでは注意しないといけないこと、先に知っておくべきことを紹介していきます。

 

【目次】

クリアネイルショット悪徳について


私の体験も入れながら3つの原因を解説します。


悪徳と言われる理由1「解約」

まず気になったのが解約に関する口コミです。
クリアネイルショットの解約に関する苦情を口コミで時々見かけます。

 

 

 

解約できない!


という魂の叫び。

 

これは「定期購入の条件」を見落としていたことや、以前に行っていた「初回半額キャンペーン」が原因です。

 

クリアネイルショットの定期購入には3パターンあり、

そのうちの2つのパターンには最低購入回数という条件(定期縛り)がついています。

 

つまり、最低〜回購入しないと解約できませんよという条件です。
「条件をつける代わりにお安くします」という販売方法ですね。

 

 

注意して!2つの定期コース

では注意しないといけない2つの定期コースの内容を見てみましょう。

 

 

問題になりやすい2つのパターンとは「基本コース」と「年間コース」です。


 

「基本コース」は3か月ごとに3個届き、初回含め3回受け取ることが条件という変則型。
つまり合計で9本分買うことが条件で、解約できるのは6か月後からです。

 

「年間コース」も3か月ごとに3個届き、初回含め4回受け取ることが条件です。
年間コースで最も注意しないといけないのは、4回受け取り後にすぐ解約手続きをしないと、自動更新でもう1年となる点。

 

これらの注意点は公式サイトでも説明されているのですが、そこまで細かく読まない人が多いようです。

 

最低購入回数を知らなかった人が解約したいと思っても、「条件があって途中解約はできない」と言われるので「クリアネイルショットは悪徳だ!」という口コミを投稿してしまうのです。

 

クリアネイルショットの解約に関する悪評はこれがほとんどです。

 

じゃあどうやって買えばいい?

クリアネイルショットが悪徳にならない方法

 

ここさえ間違わなければ、いつでも解約できます。

 

それは、定期コースの残りの1つ「お試し定期コース」です。
お試し定期コースは、通常価格の10%OFFで購入でき、いつでも解約できます。
初めてクリアネイルショットを使う人におすすめです。

 

 

ちなみに私もお試し定期コースのまま続けています。


 

1か月使った時点でクリアネイルショットを続けてみようと思ったので、途中で基本コースに変更しても良かったのですが、
お試し定期コースは安心感が違います(笑)。

 

 

 

ちょとした小技ですが、1回で2個の注文にすればお試し定期コースのままで15%OFFにすることもできます。


 

 

あと、最初に書いた初回半額キャンペーンが気になっている人もいるかもしれませんが、現在はしていません。
以前は最低3回の購入条件で初回半額というキャンペンだったようです。

 

私はこのキャンペーンを使えなかったので、かなりお得な条件と羨ましくさえ思います。

 

>>クリアネイルショットの公式サイトを見る

 

悪徳と言われる理由2「効果」

クリアネイルショット効能評価試験

 

クリアネイルショットは医薬品ではないので、「症状別」の効果効能は表記されていません。
あくまで足爪用のジェルで、にごり爪の人が綺麗な爪にしたくて使う商品です。

 

口コミでは「変わらない」「治らない」という声を見かけます。
でもよくよく見ていると、短期間でクリアネイルショットの評価をしているものがとても多いことに気づきました。

 

爪の悩みは、病院に行って効果の高い薬を処方してもらっても半年〜1年はかかります。

 

ですが、それを知らない人の方が多いわけで、わずか1か月や2か月でクリアネイルショットを評価してしまっているのです。

 

 

中には届いて1週間ほどで口コミを投稿している人もいました。


 

もちろん、半年以上使っている人の口コミもあるにはあります。
どういう使い方をしたかまでは分かりませんが、きちんと使っていたのなら後はもう病院に行って検査するしかありません。

 

みんな期待を持ってクリアネイルショットを買うので、早く効果を体感したいのは当然ですよね。
その気持ちよく分かります。私もそうでしたから。
だから「悪徳だ!」なんて強い表現を使ってしまうのも無理はありません。

 

でも足爪は生え変わるまでの時間が長いです。
最初からそれを知って使っている人とそうでない人では受け止め方が全然違うのです。

 


悪徳と言われる理由3「販売方法」

これは理由1の定期購入の内容とは違って

 

 

店頭販売していないような商品はインチキだ!


 

 

薬店で扱ってもらえない商品は怪しい!


 

という書き込みです。

 

なかなかの変化球ですね(笑)
なるほどと思えますが、小売店でバイヤーをしていた私の経験を少しお話しますね。

 

メーカーにも売らない権利があります

物販系のメーカーで働いたことがある人なら分かると思いますが、商品を店舗で販売するかどうか決めるのは、薬店などの小売店側だけではありません。
メーカー側も選択権を持っています。

 

仮に500店舗ある薬店で販売することになった場合、1店舗3個扱うとしても1,500個用意しなければなりません。

 

クリアネイルショットのリスク

そのような薬店が2企業、3企業に増えればその分を予め製造しなければいけませんよね。

 

そうなると、生産を増やすための機械の導入、在庫管理、配送コストがかかります。
返品や補填のリスクも高まります。

 

逆に通販専用にすることで、大掛かりな設備投資がいらない、維持管理費が安くて済むというメリットがあります。

 

だからインチキでもないし、扱ってもらえないわけでもありません。
そもそも小売店に卸さないのです。
つまり、メーカーにも売らない権利があるのです。

 

私は小売店で長年バイヤーをしていた経験がありますが、売りたくても卸してもらえない商品なんて山のようにありました。

 

 

だから店頭販売していない、薬店で扱ってもらえないからインチキだ、悪徳商品だというのは大きな勘違いなのです。


 

そもそもクリアネイルショットの販売元は、東証一部上場企業。
日本の優良企業の1つです。

 

着眼点は鋭くて面白いですけどね。

 

良い話も悪い話も参考程度に

クリアネイルショットのセット画像

 

クリアネイルショットの口コミは大変参考になりますが、話半分で参考程度にした方がいいと思います。

 

良い話を見ても全員に共通するものではありません。
たまたまかもしれません。

 

クリアネイルショットはモニターはしていないようなのでサクラはいないと思いますが、「期待を込めて星5つ!」なんてのもありました。某テレビ番組の関係者でしょうか・・・。

 

悪い話にしたって確認不足だったり、短期間で評価していたりと様々です。
もしかしたら他企業の社員が嫌がらせをしている可能性もあります。

 

それで悪徳だと言っているので、話半分くらいがちょうどいいのです。

 

「病院に行くのが1番いいと分かっているけど、事情があっていけない」
クリアネイルショットはそういった人に適しています。

 

「これで良くなってくれたら儲けもん」くらいがちょうどいいポジションです。

 

ちなみに私は儲けた側です(笑)

 

クリアネイルショットアルファ
ちなみに今はクリアネイルショットからアルファにリニューアルしています。
こちらも使ってみましたが、なかなかいい感じです。

 

>>クリアネイルショットアルファを見る


 このエントリーをはてなブックマークに追加 
page top