クリアネイルショットとグリーンネイル(緑色爪)

クリアネイルショットでグリーンネイルが良くなる?

足爪ケア商品(浸透補修タイプ)で売上No.1になったクリアネイルショット。
爪の悩み解消に人気ですが、グリーンネイル(緑色爪)にも効果はあるのでしょうか?

 

ネットを見ていると、クリアネイルショットがグリーンネイルにいいと書かれているのを時々見かけます。中にはクリアネイルショットを抗菌薬と書いてあるサイトまでありました。

 

 

クリアネイルショットは医薬品ではありません。
抗菌薬というのは完全な間違いです。


 

グリーンネイルも確かに変色爪ですが、これは白く濁ったり黄色く濁っているのとは全く違います。だから今回はクリアネイルショットはおすすめしません。

 

でもなぜグリーンネイルにクリアネイルショットを使ったらよくなったという人がいるのでしょうか。

 

グリーンネイルの正体は緑膿菌

グリーンネイルの正体は爪の隙間に入り込んで繁殖した緑膿菌という細菌が犯人です。
緑膿菌は湿った環境を好み日常生活の中でも広く存在しています。消化管にも存在しており、健康な状態では特に害はありません。

 

キッチンや洗面所など水気のあるところに多く、なんと消毒薬の中で増殖することもあるのだとか。
消毒薬や抗生剤に強い耐性をもつ緑膿菌もいるそうです。

 

グリーンネイルの場合は、健康状態だけが原因ではなく、ケガや環境で増殖することも多いです。ケガをした時や熱傷、または湿った環境で蒸れていることで緑膿菌が繁殖するのです。

 

だから、爪先に強い衝撃を受けて隙間ができていたり、つけ爪(スカルプチュア・ネイルやジェル・ネイル)と爪の間に隙間ができていたりすると、そこに湿気が溜まりグリーンネイルになる可能性が高まります。

グリーンネイルは病院の薬を使う方が早い

グリーンネイルの疑いがあるなら、皮膚科を受診することをおすすめします。
同時に爪カンジダや爪白癬になっていることも多いので、その方が早く菌を退治できるからです。

 

ところで、なぜクリアネイルショットでよくなったという人がいるのかというと、おそらく変色した箇所を取り除き乾燥させたのが良かったのだと思います。クリアネイルショットはネイルケアとして働いただけじゃないかな。

 

 

グリーンネイルのケアは乾燥させることが大事です。


 

クリアネイルショットには爪を清潔にする成分が配合されていますが、緑膿菌に効くかどうかは分かりません。

 

グリーンネイルの疑いがあるなら早めに皮膚科を受診しましょう。
グリーンネイルは女性に多く、恥ずかしいものではありません。
水仕事の多い女性、付け爪のメンテナンスが上手くできなかった女性、ナースでもなってしまうことがあります。

 

爪が生え変わるまでの期間は爪を休ませないといけないですが、早期ほど早く治療できます。

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
page top